Homeメバリング | アジング | エギング | ショアジギetc. | 鯛ラバ・塩ゲー | タチジギ | 青物etc.キャスティング | タックルetc. | その他 | リンク+ | 未分類 | 釣的進化論 
F-Evolution2 headline  ★ご挨拶★ いらっしゃいませ<(_ _)> 大好きな釣りをメインテーマにしたブログです。 釣りは楽しく!釣れなくてもそこにドラマがあれば!!をテーマに日々精進しております♪ どうぞヨロシクお願いします<(_ _)>
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2011/07/30(土)   CATEGORY: 釣的進化論
釣的進化論 Lv.14 Kさんからのお便り
先日、一釣一善ステッカーを貰ってくださったKさんから、次のようなメールを戴きました。
大変興味深いお話でしたので、皆さんにも是非知って頂きたいと思い、Kさんにお願いしたところ、ご快諾くださいましたので紹介させていただきます。


内容は、Kさんが立花で釣行された時の模様です。
大崎下島の立花といえば、言わすと知れたとびしまエリア屈指の超メジャーポイントです。
あまり良い想いをしたことないけど・・・(凹
実際に立てたかどうかは別問題として、多くのアングラーが一度くらいは訪れた事があるんじゃないでしょうか。


▼Googleマップの現地航空写真 

大きな地図で見る

それでは、立花の地理を思い浮かべながらKさんのメールに目を通して頂ければと思います。



【Kさんからのメール】

HIROさん
以前ステッカーを頂いたKと申します。
ブログを拝見し、コメントを寄せようかと思ったのですが、釣り場を記載してしまうことと長文・駄文となりそうなので
メールにてコメントさせていただきます。
 
--
先日の木曜日の夜、大崎下島の立花港へ初釣行しました。
現地に着くと港の側の道路の路側帯(?)に数台の車が駐車していたので、
あまり深く考えず、その列の最後尾に駐車しました。
 
初釣行とのことで人の多い新しい方の波止で釣りを開始しましたが、さっぱりだったので人の居ない波止へ。
そこの波止の付け根に地元のじいちゃんが夕涼み中でした。


私『こんばんわ~』
じ『おぉこんばんわ』
じ『にいちゃんよぉ・・・あそこの車はあんたらのか?』
私『あ・・はい・・・』
じ『あそこは駐車禁止じゃないんじゃけど地元の人が通るし、バスも通るんじゃ。迷惑駐車じゃけぇどうにかならんか』
私『あ・・すいません。すぐに移動します。初めてなのでわからないんですが、どちらに停めさせていただければいいですか?』

ーじいちゃん指示ー
ー私移動ー

私『申し訳ありませんでした。(教えて頂き)ありがとうございました』
じ『あぁええよ。人の迷惑を考えたうえで、しっかり楽しんでいきんさいや』
--
 
こんなやりとりでした。
気づかなかった自分を恥ずかしく思いましたが、最後のじいちゃんのフレンドリーな言葉にホッとしました。
いま思えば路側帯は駐車禁止・・・かな。
それ以前に、法律差し置いて『迷惑』だったんです。
夜の波止での行動や、マナーなどには気をつけていたつもりでしたし、子供にも教えていたつもりでした。
今回の経験はいい勉強になりました。
 
で、今回の釣行は平日だったんですが、とびしま内に釣り人が多いですね。(私も輪番休業で平日休み)
周防大島にもよく行くのですが、土曜日の夜は広島ナンバーが爆走してますね。
だいたいランガンしているアングラーです。
 
他にもいろいろと目につく事がありますが、『このままじゃ・・・』と思うだけで、注意なんかは怖くて一人では出来ません。
 
でも何か、何とかしなくてわ。
 
釣りに限ったことではなく、前述のじいちゃんが言った『迷惑』を認識できない人が多すぎるんでしょうね。
(今回は自分が認識していなかったんですが)
 
子供に『ゴミはゴミ箱に』と教えるのは大人ですが、自己都合で不法投棄をするのも大人です。
 
自分も釣りを続けたい。
子供にも釣りを楽しんでほしい。
 
えらそうな事は言いません。それだけです。
 
私はブロガーではありません。著名なアングラーでもなく、一般的な週末アングラーです。
 
人任せにして満足するわけではありませんが、やはりそれなりに著名なアングラーに立ち上がってもらうのがいいんでしょうかね。
そういったマナーに関するセミナーやサミット(?)の開催など。(スイマセン思い付きです)
アングラーが集まってマナーに関するサミットを開催してメディアに取り上げてもらうとか。
 
いい大人が・・・なんですが、それくらいの事をしないと何も変えられない気がします。
それでも何も変わらないかもしれないけど、やらないよりは。
 
やはり長文・駄文になってしまいました。
一つの前向きな提案として受け取ってください。
 
失礼しました。
 
                K



Kさん、情報ありがとうございました<(_ _)>
また、貴重なご意見大変参考になりました<(_ _)>


さて、Kさんが地元のおじいさんから教えて貰った駐車スペースはどこだったのでしょうか。


過去に立花を訪れ、駐車された事がある人。
付近を通りがかり、立花に駐車している釣り人の車を目撃したことがある人。
改めて考えてみてください。正解がどこなのかを・・・。
(現場の様子が判らない方はGoogle航空写真からはイメージしてみてください。)


正解を発表します。
改めてKさんから戴いたメールをコピペします。



【Kさんからの回答】

HIROさん。
こんばんわ。Kです。
 
まず、おじいさんに指定していただいたのはHIROさんのおっしゃる所です。コンクリのところのスペースか、
フェリー基地?立花港?のところへと教えて下さいました。
白線よりも内側に(海側)に停めていたんですけどね。
車道じゃなくても、例えば夜とか朝方に散歩される方がおられたら邪魔ですし、避けて歩いてたらはねられたなんてことにも
なり兼ねません。島のおじいさん・おばあさんは暗いうちからお散歩されてますしね。
 
あと、記事の件、こちらこそ是非掲載してください。
長文なんでかいつまんでお願いしますw
 
セミナーっていうかサミットっていうか地元懇談会というか・・・、きっと必要だと思います。
でも、地元の方との話の前にアングラーだけで行うのがスジかもしれませんね。
地元の方は迷惑しているだけ。迷惑をかけられている人達に懇談会を持ちかけられても・・・。
そのあとに地元の方とお話できればいいですね。
 
レオンさんもブログにコメントされていますね。
アイディアは沢山あると思います。
なんとか良い方向に持っていきたいですね。
 
(中略)
 
影響力のある方と、地元の釣具屋さん主催でセミナーを行い、メディアに取り上げてもらえれば
活動が拡散しやすいと思いました。(以前のメールと重複しています。すいません)
メディアといってもブログなどよりも新聞とかNHKとか。地元の方はブログなんて読んでません。きっと。
地元の方が『こんなこと考える奴もおるんじゃのぉ』と思ってもらえれば。
 
思いつきでの提案です。もっと方法があると思います。
もしよろしければ、是非なにかお手伝いさせてください。
子供2人かかえたサラリーマンアングラーですので、出来ることは限られるかもしれませんが、
自分も釣りを愛するものとして、なにか行動したいと。
 
楽しい釣りのために。。。
長文失礼しました。



Kさん、何度もご丁寧なメールを戴きありがとうございました<(_ _)>


▼Google航空写真で再度確認します。
↓ココです。
波止と波止で囲まれた漁港内にある浮き桟橋近くのコンクリートで出来た空きスペース(?)か、ちょっと南にある以前フェリーが発着していた立花港にある駐車スペースです。

大きな地図で見る

自分もKさん同様、車道外側線?の外側に駐車したことがあります。
島の県道は比較的幅員が広めで、通行量が少ない分スピードを出してる気味のクルマをよく見掛けます。
それに、大型バスやトラックが通行することが多いですし、街ほど街路灯は多くありませんので、メールに書かれていたように、歩いていた人が釣り人のクルマを避けた拍子に通行中のクルマと接触してしまう可能性は充分ありますよね。


今まで気を付けてきたつもりでも、全然思慮が足りていないことを今回は痛感しました。
また、自分のこれまでの駐車位置を棚に上げますが、波止の入り口のモロに県道上へ縦列で路駐している数台のクルマを見掛けた事は一度や二度ではありませんでした。
今後、立花へお邪魔する事がありましたら教えて頂いた場所に駐車するよう徹底しますし、この記事を読んでくださった方にもこのことをお願いしたいと思います。


それと、今回の内容を他の場所にもフィードバックさせていただければ、今後大事故や迷惑に繋がりにくいのではないでしょうか。

大変勉強になりました。
Kさん、ありがとうございました♪<(_ _)>


スポンサーサイト
2011.07.30 Sat | 釣的進化論 | TB:0 | コメント:28
DATE: 2011/07/23(土)   CATEGORY: 釣的進化論
釣的進化論 Lv.13 今想うこと
HIROです。
前回の記事に対し大変多くのコメントを戴きありがとうございました。
何度も読み返し、そして自分なりに冷静に考えてみたことを整理してみます。


賛否両論あるかもしれませんが、あくまで今の自分の考えです。
今後変わっていくかもしれません。


自分のスタンス


前回の記事で、
『問題は誰が中心になって実行するか?』
というコメントをいただきましたが、大変重く捉えています。


今回問題になってる場所、人がめちゃめちゃ多すぎて、慣れ親しんだエリアですが、今では殆ど立ち寄ることがなくなってしまっています。
しかし、故郷の話だし、過去に楽しませて貰った事もあるし、これまでの行き掛かり上、自分が音頭を取って諸先輩方に協力をいただきながら組織を立ち上げ、地元を説得して釣り禁化にならないよう運動を起こす事を考えてみたりもました。


だけど、もしもそれが功を奏し、釣り禁化されないで済む事が出来たとして、その後の事を想像した時・・・
ゾッとします。


釣り禁化を取り止めていただけるとしたら、それ相応の信頼をいただいているはず。
しかし、常識では考えられない行動をする人間はどこからともなく、いつ何時現れるか判らない・・・
そうした人間が現れた時、
(やはり釣り人なんか信用するんじゃなかった・・・あの時釣り禁にしておけば・・・)
と地元の方々は思うはず。


そして、ここからは島出身の自分独特の話なのだけど・・・
島には実家があり、親が住んでます。
(あいつの言う事なんか信用するんじゃなかった)
と自分の信用が失われるのは良いとしても、親や兄弟に片身の狭い想いはさせたくはありません。


釣り禁化しないようお願いしておいて、監視を地元にお任せする訳にはいかないし、いつ湧いて出てくるか判らない輩を誰がどう監視していくのか・・・
年に一度か二度しか現れないようなら地元の人も釣り禁化なんて考えないんじゃないかと思います。
恒常的にそういう人達は現れてると考えた方が良い。


自分は出来もしない約束して地元を振り回したくないし、最優先されるべきは地元の生活環境を守る事だと考えます。
今回は取り敢えず3年間限定であると聞いてますが、これは釣り人に対する地元の方々の優しさではないでしょうか。そう思うと何だか申し訳ない気さえします。
また、たった一つのエリアですが、3年間で失ったものの価値を知り、よりマナーを守ろうとする機運を釣り人は高める事が出来るか試されているようにも思います。


そこで、

■地元の方が釣り禁化にせざるを得ないと考えるのであれば、それを抑制するようなアクションは起こさない。
■釣り禁化された後でも、地元に協力できることがあればやっていきたい。


今の自分はこういうスタンスでいようと思っています。


そして、

自分にとってのマナー問題


■釣る場所がなくなったら困る。
■ずっと大好きな釣りを楽しんでいたい。
■釣り人による地元の方々への迷惑
・騒音
・ゴミのポイ捨て
・迷惑駐車
・その他、犯罪行為を含めた諸々
をなくすため。

こんな感じです。
(順番は気にしないでください。)


自分が釣りをしているある特定の場所を守りたくて度々取り上げている訳じゃありません。
いえ・・・ある意味そうとも言えます。


蒲刈が釣り禁になって困りますか?


『困っているのはその地でアジングや胴突きの釣りをするアングラー』
というお言葉もいただきました。
書かれた意味合いと違いますが、敢えてこの言葉を引用させていただきます。


今回釣り禁化されようとしている界隈で釣りしてきた人の中で、どれだけの人が困るんでしょう。
そこじゃなきゃ絶対嫌だ、そこを釣り禁にされたら絶対困るって人がどれだけいるのでしょうか。
地元のアングラーも立てなくて、随分前から釣りするの諦めてるんです。
自分は機動力のないお年寄りや子供しか思い浮かばないんだけど・・・


(くそ~~~あそこはこれまで良型が釣れてたのに~~~~っ!)
とか、
(トイレもあるし、広い駐車場もあるし、釣りしやすくて好きだったのに・・・)
とか、そんな風に残念がる人はきっといると思う。


でも、ほとんどのアングラーは困らないんじゃいかな。
それは・・・自分も含め他の場所に行けば良いだけだし、前述したとおり普段からそうそう簡単に立てる場所じゃなかったですから。


こう書くと、
”釣り禁になったらなったで別に気にしてない。別な場所で楽しむから”
と感じられるかもしれないけど、物事そうそう単純だとは思ってません。


波及効果を考えないと


真剣に(蒲刈一カ所が釣り禁になっても困らんし!)と思ってる人がいるとしたら、それはとても甘いし危険な発想だと思います。
地元住民の皆さんの生活環境が守られるのは喜ぶべきことなんだろうけど、今回の釣り禁化によって地元住民の生活環境が劇的に改善されるとすれば、それは周辺のエリアにとっては模範とすべき前例となりかねません。
既に岡村も波戸は釣り禁化されてますし・・・


豊島や大崎下島の住民も蒲刈が釣り禁化したことで安心して眠れるようになったと聞いたら、そりゃ、「ワシらも釣り禁にしたらエエ」と、そう考えても不思議じゃあない。
もっと視野を広げると、音戸・倉橋方面や本土の漁港周りだって同じじゃないかな。


一カ所が釣り禁になったら、残された釣り場が更に混雑するんです。
マナーを気にしないアングラーの出現率も自然と上がります。
事と次第では漁港周りだけの話が、いつしかエリア全域なんて話は有り得ると思います。
磯釣りやサーフでの投げ釣りや、漁港以外でルアーやってる人も無関係じゃなくなるんです。

ごく限られたエリアで特定の釣り方してる人だけに関わる事件だと線引きしてて良いんでしょうか。

これって大袈裟ですかね。


真価が問われる時


冒頭で、
『問題は誰が中心になって実行するか?』
に触れましたが、組織化により、地元や漁協の代表者と対話して、アクションに繋げていくことは大変有効な手段だと思います。


しかし、自分は今こそ、仲間内だったり個人だったりのコツコツとした活動が大切なんじゃないかと思うんです。
■普通に自分が持ち込んだゴミは持って帰る
■夜はボリュームを落として喋る
■駐車は迷惑にならない場所を選ぶ
■地元の人には挨拶する

これらは当たり前なんですけどね。
自分もまだまだ足りてないところ多いと思ってます。


それと、
「一釣一善」で、一回釣りに行ったら何かしら良い事をして帰るようにすれば良いかなと。
自分にとっては、あまり大掛かりなアクションは長続きが難しいので、こういった小さな事でもずっと継続できることをやっていこうと考えていますし、どこかのチームや仲間が例えば清掃活動のようなアクションを起こされるようなら、ブログで告知し合ったり、勿論参加させてもらったり、横の連携を活性化させるのも活動しがいがあって、やってて楽しいんじゃないかとも思います。


それと、何度もあちこちに書いたように思いますが、どうか釣りブロガーやメディア・業界は、この手のマナー問題を積極的に取り上げるようにしていただければと思います。
こんなところでチマチマ書いてるだけじゃお話にならないですから・・・
こんなお願いがどこまで届くのか・・・が、そもそも怪しいですけど。


更に、友達や知り合いが釣り禁エリアで釣りをしようとしていたら注意してあげてください。
気付かれてないようでも地元の方々はちゃんと見てるんです。
どんどん罪のないアングラーの信用が失われるんです。
それに、そういうのが本当の仲間や友達じゃないのかな。
普段は情報を教えてあげたり、貰ったりそんな付き合いしてるけど、肝心な時にスルーしてるのって、ある意味同罪ですよ。


総括


さんざん長ったらしく語りましたが、いつもの事で特段熱くなってる訳ではないので誤解されないようにしてください。
まだ地元の方とお話できていませんし、詳細を掴んでいる訳ではありませんし、スタンスについては前述しましたとおりですので、やることと言えば、これまでとそう変わらないと思います。
自分、直球しか投げられない性格だし、何のしがらみもないから今までどおり言いたい事をそのまま書いてるだけですしね。


さて・・・
自分でも何書いてるのか判らなくなるほど長い文章になってきてますので、そろそろ終わりにしますが、普段の数倍のコメントとアクセス数をいただいていることから、残念に思ってる方、今後がどうなってしまうのか心配されてる方の多さを実感しています。


また何か情報が入り次第報告させていただきます。




2011.07.23 Sat | 釣的進化論 | TB:0 | コメント:24
DATE: 2011/07/17(日)   CATEGORY: 釣的進化論
釣的進化論 Lv.12 やるせない出来事
時を遡ること数週間前・・・
オフショア釣行からの帰り際に渇いた喉を潤そうと、自販機のある漁港近くの商店に立ち寄った時のことです。


丁度そこに地元で熱心にまちづくり活動をされてらっしゃる方が通り掛かり、話し掛けられたので、釣り人のマナー向上について、半分ここぞとばかりに、半分恐る恐る自分の考えを聞いて貰いました。


恐る恐るっていうのは、地元の人達からしたら、”釣り人=敵”という考え方が根付き始めていて、ネガティブな会話になるんじゃないかと想像していたからなんですが・・・


それがなんと!
嬉しいことに予想に反して凄く同意してくださいました♪


しかし、今後の展開に向けて大きな前進を感じたのも束の間・・・
悲しいお話を聞くことに・・・・


(この日の)数日前、釣り人の集団があろうことか夜中に波戸で焚き火をし、その上大騒ぎをし近所の人から怒られたらしい・・・・・・
久々にちょっとした目眩を感じたことを覚えています。


その場所は、以前、とある釣り情報誌が立ち位置の詳細なイラスト解説付きで紹介されたポイントでして、ちょっと離れた場所に駐車できる大きなスペースはあるんですが、知ってか知らずか掲載されてからは路駐が激しかったと聞いています。
何かトラブルが起きなければ良いと危惧しておりましたが・・・
(ちなみに自分はその場所で釣りをしたことがほとんどありません)


そういうことがあって、今後の再発防止に向けたアクションに賛同してくだったという訳です。
嬉しいような・・・超悲しいような・・・・


まっ済んでしまったことは致し方ない・・・
じっくり計画を練って有意義な活動に繋げていきたい・・・
そんな風に考えていたんですが、甘すぎたようです。
ごく最近、とある情報筋からこの事件のことを聞くことになろうとは・・・・


正直驚きました。
一月前くらいに聞いた話だったし、おおよそ考えつかない方面からの報告でしたし、まさか続きがあるなんて・・・。


どうやら、この事件が駄目押しになり、釣り禁化に向け地元が動いているそうです。
比較的人が多いエリアでしたが、これまでそういった話は聞いていなかったので、本当に腹に据えかねたのでしょう。


ただ、これまでの内容は全て伝え聞いた話ですので、事の真偽は定かではありません。
他県から遊びに来てくれた釣り友から、「綺麗なところですね」と褒めてもらったくらいですから、焚き火が出来るほど大きな燃えるゴミは落ちてません。
まさか初めから焚き火する気で準備してきたのか・・・
そこまで寒かったのか?軽装しすぎた?
住居も非常に近く、常識的な神経の持ち主ならば自然と話し声は小さくしそうなものなのに・・・・など
理解できないことが多い事件です。


重ねて書きますが、すべて伝え聞いた話です。
ですので、事実関係を確認していない事を前置きし、誤解を承知で敢えて言わせて貰います。


■どういう教育を受けたら、漁師さんの仕事場である漁港で焚き火をしようなんていう発想が生まれるのか・・・だいたい何目的で釣りしてるのか・・・正直釣りを辞めて欲しい
■寒かったんなら帰って風呂にでも入りんさいや・・・
■火を囲んで騒ぎたいんだったらキャンプ場へ行け!(※勿論キャンプ場のルールを守った上で騒いでください)
■今回のような事件に対し、メディアを利用して情報を発信している業界、又、自分も含めたブロガーはどう考えるのか





聞いた内容なので、もしかしたら尾ひれが付いた話であること、そして、これまでも、アソコが釣り禁になる、コッチが釣り禁になる、なんていろんな話を聞いてきたけど、今回も嬉しい誤報であることを祈るばかりです。


事件の内容があまりにも稚拙すぎて、少々頭に来てるのでキツイ書き方になってしまってすみません。
普段釣りをさせて貰っている海・魚・地元への感謝の気持ちを大事にすること、そしてそれらの事を判っていないアングラーへ周知する必要があるんだと思うのですが、アングラーの端くれの自分如きがこのようにチョコチョコ騒いでも知れてます。泣き言は言いたくないですが・・・
どうか、一人でも多くのアングラーに、(本当にこのままじゃマズイ)と危機感を持っていただき、業界も一般釣りブロガーも関係なく、釣り場情報を発信する前に釣り場のマナーについて度々取り上げていただければと思います。


しかし・・・
やはり人間は一度痛い目に遭わないと理解出来ない生き物なんでしょうか。
一度釣り禁になれば、おそらく半永久的に解除されることはないと思うんですが、計り知れない釣り場の価値も、極一部のアングラーの非常識によって吹き飛んでしまう・・・。
・・・切ないですね。





2011.07.17 Sun | 釣的進化論 | TB:0 | コメント:72
DATE: 2011/07/14(木)   CATEGORY: 未分類
F-Report 110702-10 「変っ!身っ!」
こんにちは、HIROです・・・。
毎週のようにオフショアで頑張ってたら、気が付かないうちに地球上の如何なる人種にも属さない風貌を手に入れてました。
(▼あくまでイメージです。念のため)
折角なので、○○マンとか、そんな感じの格好いいネーミングを思い付いた方は教えてください・・・(´Д`)ハァ…

ちなみにkazuやOくんは、更に凄いことになってます。
服の柄を焼き付けてオリジナリティを出す始末。

自分の場合、愛用してるCROCS効果で北斗七星とその脇で輝く死兆星を足の甲にあしらってみました。




一体いつぶりだろうか・・・・ベッカム先生登場!
めちゃめちゃ久しぶりにご一緒する機会をいただくこととなった。


▼なんかゴッツイ系のタックルを握りながら、青物釣る気満々&笑顔のベッカム先生。
今となっては切なすぎる・・・。・゚・(ノД`)ヽ(;Д; )モライナキシチャターヨ


この日、ベッカム先生はお土産が必要とのことだったので、居ない青物は早々に諦め、鯛ラバに集中するオレ。
鯛ラバを取っ替え引っ替え、そして高橋啓介のアクセルワーク並にリトリーブスピードを調整してみたが、幾度かの貴重なバイトをフッキングに持ち込むことが出来ず、ホゲ神様を召還しかけたその時!

▼自己記録更新の幻系・・・キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!

▼と、同時にお土産GETのベッカム先生(滝汗w


そして、その翌週。

kabaちゃんが遊びに来てくれたので、二人で出撃してみることに。

▼魚探がなかったので手探り感バリバリだったのだが、kabaちゃんのホワ~ンホワ~ン釣法に低活性の真鯛も思わずバイトっ!

▼激渋のなか、2尾も釣ってしまうとは・・・お見事っ!

・・・・・・
え~っと・・・
自分は操船とお掃除に集中してたので・・・(∀`*ゞ)テヘッ.......orz


更に、この日の翌日。

大人しく自宅でマタ~リしてようかと思ってたのだが、バキバキに折れた心を奮い立たせ、午前中限定で出撃してみた。


この日もやはりバイトはあってもフッキングには至らない・・・。
追い食いも2回目があれば良い方で、鯛ラバならではの微妙な駆け引きに持ち込むなんて夢のまた夢っぽい感じだ。
いろいろ試してはいるのだが、突破口への案内表示さえ見えてこない・・・・


そうなると、(いつか必ず食ってくるはず!)と信じるしか今の自分には手の打ちようがない訳で・・・・・


何か知らんけど、着底と同時に食ってきており・・・・
たまたま超腹減ってたアコウの鼻先にマイ鯛ラバが姿を現したものと思われ・・・・


こんな交通事故みたいな釣果しかないんじゃ、いくら炎天下で直射日光に晒されようが粘らざるを得ない。
そら○○マンも誕生するわ(激凹



こうして自分は○○マンへと変身してしまった訳ですが、月曜朝イチの上司の開口一番は、
「週末インドに行っとったんか?」でした。
笑ってスルーしといたが、・・・実際問題、結構日焼けはするだろうが、インドに行ってもインド人風にはならんだろが・・・と胸の内でそっとマジレスするオレ。


それと、オレを見たらインド人ビビると思う(爆




2011.07.14 Thu | 未分類 | TB:0 | コメント:28
DATE: 2011/07/06(水)   CATEGORY: 未分類
F-Report 110618 「前が見えない」
1週間が7日しかないのは辛すぎる・・・
せめて10日は欲しいところ・・・
ただ、3日伸びたからと言って、余計に仕事したいなんて絶対思うはずもなく・・・
もしも休みが3日増えたら何しよう・・・

取り敢えず寝ます。HIROです。



激しく賞味期限が切れてますが、生暖かい目でスルーしてください(;・∀・)ゞ



前回の予告どおり、遂にDAIWA-Zに真鯛の魂をブチ込む時がやってきたのかと思ったら・・・・


▼Z!ちょっ!おま!これグッサンじゃし(激凹
しかも、めっちゃコマいし!(滝涙
いつもならネタGET!と喜ぶところだが、マジで洒落にならん...._| ̄|○


いやいやいやいや、これ練習じゃけん'`,、('∀`) '`,、
ナシよ、ナシナシ



ナニゲに背水の陣を敷くこととなり、序盤から焦りが入ったところで最近絶好調のOくんに何かがHI~~~~っT!ォオー!!(゚д゚屮)屮

▼ティップの叩き具合から、これは間違いなく・・・・


▼Oくん、サクッとGET!
はいは~い、お魚回して~~~

▼いやぁ~もうちょい回して~~

▼う~~~~~~~~ん、お見事♪
大きすぎず、且つ一切濁りのない真鯛レッドが鮮やかな個体が超美味しそう・・・(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ


▼直後にkazuも何かを掛けたものの、痛恨のフックアウトっ!
kazuの悲しき咆哮があたりに木霊する・・・



そして・・・
そして・・・
苦節何か月・・・・何回の釣行だったであろうか・・・・

遂に・・・・・・
キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!!!!


▼あれ?おかしいな・・・雨なんか降ってないのに・・・
前が見えない・・・( ;∀;) カンドー

Zから無事にグッサンの魂を追い出すことも出来たし、一安心♪


時合いだったのか、僅かながらに賑やかな時間帯が過ぎ去るといつもの激渋モードに(凹
それを打破したのは!?

▼kazuが古代魚GET!

▼Oくんが違う種類の古代魚をGET!
kazu家の晩ご飯が季節ハズレのお鍋に決まった瞬間です。

▼(左)kazuが釣った古代魚、(右)Oくんが釣った古代魚
どっちが美味しいのだろうか・・・・(゚A゚;)ゴクリ


▼ホント、このところ神懸かりというか、絶好調というか、元々天才だったのか、Oくんの躍進ブリには目を見張るばかりです。
何がどう違って釣果に反映しているのか全く判らないので、こういう時は初心に戻ってみようかと・・・


まぁいずれにしてもですね。
釣れようが釣れまいが、晩ご飯には余裕で間に合う時間に納竿すべきだと、最近強くそう思うようになりました。


いや、ホント。
12時間とか船乗りっぱなしで超激渋の釣りって、只の拷問です。
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!




2011.07.06 Wed | 未分類 | TB:0 | コメント:24
一釣一善
めばるing
 めばるing
Favorite-MAKERs

 DAIWA
 BREADEN
 ufm
 Graphiteleader
 SMITH
 GoldenMean
 STANSS
 AquaWave
 DAIKO
 Seaguar
 Yamaga Blanks
 ZipBaits
 TACKLE HOUSE
 バス・海釣りならDRESS(ドレス)
 MEGATECH LIVRE
 Jackall
 ECOGEAR
Favorite SHOP

 POSEIDON
最新の記事
Categories
  • メバリング(173)
  • アジング(121)
  • エギング(52)
  • ショアジギetc.(16)
  • 鯛ラバ・塩ゲー(16)
  • タチジギ(7)
  • 青物etc.キャスティング(3)
  • タックルetc.(38)
  • その他(72)
  • リンク+(23)
  • 未分類(296)
  • 釣的進化論(17)
Access Analyzer
Mail Form

名前:
YOUR MAIL ADDRESS:
件名:
本文:

PROFILE

 HIRO

Author:HIRO
 【管理人HIROのスペック】
 広島県呉市在住
 ♂・1960年代式・射手座・A型
 Team ARROWS所属
 スキルレベル:
 (趣味)
 釣り/☆☆☆☆
 サッカー/☆☆☆☆
 PC/☆☆☆☆
 (食べ物)
 人参/☆☆☆☆☆
 キュウリ/☆☆☆☆☆
 レバー/☆☆☆☆☆
 お寿司/★★★★★
 (メンタリティ)
 怖い話/☆☆☆☆
 大和魂/★★★★★ ←ウソw


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。