Homeメバリング | アジング | エギング | ショアジギetc. | 鯛ラバ・塩ゲー | タチジギ | 青物etc.キャスティング | タックルetc. | その他 | リンク+ | 未分類 | 釣的進化論 
F-Evolution2 headline  ★ご挨拶★ いらっしゃいませ<(_ _)> 大好きな釣りをメインテーマにしたブログです。 釣りは楽しく!釣れなくてもそこにドラマがあれば!!をテーマに日々精進しております♪ どうぞヨロシクお願いします<(_ _)>
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/07/26(土)   CATEGORY: 未分類
F-Report 140729 「日常に棲む恐怖」
愛機、弐号艇を手に入れて早3年・・・。
いかに豆のようなボートであろうとも、節目の時は平等に訪れる。
豆なんだから見逃してくれりゃ良さそうなもんなんだが・・・
「中間検査」という名のお財布直撃弾を回避する術は今のところないらしい。


この中間検査は個人で受検するとお安く済む代わりに、曜日指定があって呉地域は火曜日が割り当てられている。
リトルHIROに意見具申するまでもなく、振替休日カード最後の一枚を切ることにした。


中間検査申込用紙には、
「出来るだけ午前の早い時間帯でお願いします」
と書き添えて小型船舶検査機構へ郵送した。
勿論、策士のオレは、
「終わったら速攻で出撃したいんです!」
なんて余計な事まで書いたりはしない。


そして運命の時は、10時に決定し、午後からの半日ではあるが確保に成功!
ただ、これらの事は誰にも知らせてなかったし平日でもあったし、オファーがないのはほぼ当たり前で、単独釣行するつもりだった。


ところが、ひょんなことからオファーを頂戴することになった。
無慈悲なおいこさんが連休真っ直中だったのだ。
今思うに、この時に無慈悲な恐怖体験に遭遇する運命が決まったのかも知れない・・・。



中間検査はあれよあれよと言う間に終わり、13:00過ぎには無事ポイントに到着。
直後に一瞬ナブラが立ったが、ベイト反応は薄く、雰囲気はイマイチ。
真鯛かアコウ狙いの塩ゲーを投入しながら青物を待った。


暫くして、待望の初HITはボチボチサイズのアコウ。
だが、納得サイズには到底及ばない(凹


その後はショートバイトはあるものの、フッキングに持ち込めないでいると、唐突においこさんが無慈悲スイッチ!
オーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!(絶叫


ワームテンヤで良型アコウGETしたかと思ったら・・・(鼻血


鯛ラバタックルをギュンギュン曲げまくる・・・(鼻血


なんかサイズがいちいちデカいんですが・・・(鼻血


無慈悲だが有能な乗務員に恵まれて、いつしか弐号艇のイケスが賑やかになっていた。
これで青物が釣れてくれれば最高のハッピーエンディングだった。
何の根拠もなかったが何かドラマが待っているような気がして、青物の実績ポイントへ向かうことにした。


ところが、待っていたのは人生でも上位10位にランクインするレベルの恐怖体験だなんて、危機回避能力に激しく劣るオレが気が付くはずがない(遠い目


ハンドルを握り、辺りに注意を配りながら巡航速度で滑走させていると、右足の甲に違和感が・・・?
決して気のせいなんかじゃない・・・悪寒が半端ない!
リトルHIROが泣き喚く!
「右足半端無いって!もう!右足半端無いって!」
何か知らんけど、オレの右足が㌧でもない事になってることを確信!


ゆっくりとズボンをたくし上げながら、恐怖心を押し殺して目線を落としてみる・・・

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


穏やかな真夏の夕刻、瀬戸内めっちゃ沖・・・
豆船にはおいこさんとオレの二人きりのはずだった・・・
そこに居た・・・
絶対に居てはならない戦慄の存在がそこに居た・・・


それではご覧いただこう





何でヘビがオレの足に!?
咬むんか?
咬むとか絶対嫌!!!


「ヘビです」
「ヘビ?」
「ヘビがいます」
「ヘビ?」
「はい・・・ヘビです」
「ヘビ?」

メーデー信号をいくら発信しても現物が見えていないおいこさんには一切通じない(涙


取り敢えず刺激を与えたら絶対ダメな気がして船をゆっくり減速した(鼓動
小さいけどポテンシャルは計り知れない(激怖
兎に角、咬まれるとか、痛い系は絶対嫌なんで微動だにせず勝手に動いてくれるのを待つ(鼓動


クソ暑いせいか、ちょっと元気がないようで攻撃する気はなさそうだ。
ただ、足首付近とはいえ肌に直接ヘビが接触してるとか、有り得んくらいキモくて、足から降りてくれるまでの数分間がもの凄く永かった(怖


足から退いてくれはしたが、足下でニョロニョロされたりしながら釣りに集中できる訳がない。
さて・・・どうしたものか・・・


手っ取り早いのは、海へポイ作戦だが、ウミヘビにアップグレードするはずもなく、どこかへ無事泳ぎ切れるかどうか・・・。
祟られた日には目も当てられない・・・それでなくても釣れないのに・・・(最凶
慈悲深いオレは近くの無人島へ放してやることにした。



「ねぇねぇ名前何にする?」
「じゃ、ヘビ太朗で」


ヘビ太朗を優しくリリースするために、砂浜に近づき、思い切って尻尾を掴んでブン投げた!
ところが、ヘビ太朗の質量、初速、投射角すべてが大誤算で海面に着水(凹
それでもすぐ側の砂浜方面に泳げば全てが丸く収まるのに、ヘビ太朗はアホだった(泣
何故か沖のこちら側に帰ってこようとする(号泣


3回くらい繰り返しただろうか、やっと波打ち際に落ちたヘビ太朗は別れを告げているかのようにカマ首をもたげ、佇んでいた。
わんぱくでもいい...たくましく育ってほしい...


しかし、ヘビ太朗の進入経路が全くわからない。
もしかすると、あなたのポケットの中に第2第3のヘビ太朗が忍び込んでいるかもしれない・・・。
もしかすると、釣行中にズボンの中に進入してくるかも・・・。


そんな時は、どうかオレを見習って冷静沈着な対応に努めてもらいたい。





スポンサーサイト
2014.07.26 Sat | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/07/21(月)   CATEGORY: 未分類
F-Report 140702 「出撃せずにはいられない衝動 完結編」
誰がこの強烈なロケットスタートを予測しただろう・・・。


自宅を出発して、ほんの数十分。
この僅かな間で、釣りのことなんてどうでもよくなっていた。
オレの衝動は、近場の国道上に転がり落ちてしまったかのようだった。
ケンジの登場と音声メモがあまりにも衝撃的だったからだ。



港に到着して、出港の準備に取り掛かる。
その時、いくら懇願しても、女性陣がドデカいクーラーボックスを2個積み込むんだ言って譲らない。


(デカいクーラーボックスを持っていったら釣れないのに・・・しかも2個て・・・)


ハッ!

現実に引き戻された。
そうだった・・・オレはいろんな意味で釣果を叩き出さねばならない立場だったのだ。


豆のような弐号艇にドデカいクーラー2個と、無慈悲な女性陣を積んでポイントを目指す。


ポイントに到着すると、絵に描いたような釣り日和。
周囲に釣り船は殆どおらず、超貸し切り状態だ。


まずは、無慈悲な女性陣に対青物タックルの準備を促す。
キョウコちゃんがチョイスしたのはダイビングペンシル シンジ香川モデル。
おいこさんとオレは安心と信頼のドラゴンサラナ師匠を結ぶ。


それから暫くの間、塩ゲーやら鯛ラバで様子を伺ってみた。
魚探がイワシらしきベイトをごっつい捉えていた。
何かしら釣れてくれそうな期待が膨らむ。


更に、縁起物の日本代表、ウミガメまで登場する始末(鳩豆
ココまで出来杉感が半端ないと、逆に縁起が良いのか悪いのか訳が判らない。



序盤はバイトも殆どなく、悪寒的中かに思われた。
ウミガメを捕獲したら宮島水族館に高値で売り飛ばせるんじゃね?
そしたら、何か美味しいモノを食べに行かね?
なんて目論見ながら、1時間ほど経過した頃だっただろうか、ようやくオレの塩ゲーに何かが食い付いた!
焼いて良し!煮て良し!お刺身で良し!の3拍子揃ったお値打ちマダイGET!



それからほんの数分後・・(ゴクリ


突如、お祭り開幕ーッ!!!
まさか本当にナブラが出ようとは?!


刺激しないよう慎重に射程距離内に進入すると、無慈悲な女性陣が一斉にキャスト!!!
すると、難なくおいこさんがフッキングに成功!!!
逆に、(マジか!?)と思ってしまうくらいのスマートぶり!



キョウコちゃんもほぼ同時にフッキング!!!
まさか、いきなしのダブルフィッシュバーガー達成か!?と思ったら・・・

このバカちんがぁぁぁぁぁぁあああああああああああああ!(脱糞


一人黙々と青物とのファイト続行中のおいこさん。
かっこえぇぇぇぇわぁ・・・(ハァハァ


ナイス!メジロの背中!(笑
ヒデキ感激!


さて、本日のお祭りはコレにて終~了~~~~!


普段ならそうなりそうなモンだが、まだまだ祭りは終わらない!(驚


ダイビングペンシルをシンジ香川モデルからモリゾーモデルに換装したキョウコちゃんが再度フッキングに成功!
ライトタックルなので何かと大変そうだが、今度はしっかりフッキングしてるっぽいのでタモを持ってスタンバる。
アズってる人を生暖かい目で見守るのは楽しい。


おいこさんが正確なキャストで消えないナブラを直撃すると、2尾目がHI~~~T!
この後、当分の間、豆艇の周囲ではバッシャン!バッシャン!とナブラが出まくっていた。
しかし、豆のような弐号艇で3人同時ファイトはちと危険だと判断したオレは、二人のファイトぶりを生暖かい目で見守り続けることにした。


ブルースナイパー77/3をブチ曲げて、ミヨシでファイトするおいこさん・・・ほうほう・・・
で、キョウコちゃんは全身を使って青物とのファ・・・ゑ"!?


こっ!?このスタイルはッ!?・・・(ゴクリ


かつてお笑い界を席巻した”ゆーとびあ先生”の伝説のポーズ!?
さすが!心得てらっしゃる!!!


ゆーとぴあポーズが実を結び、キョウコちゃんも無事、メジロをキャッチ!
腕がー腕がーと痛嬉しそうなキョウコちゃん♪


ダブルフィッシュバーガー達成!!!
スゴイ事になってきた悪寒(恐


まだまだ祭りは続く(汗
だが、射程距離に進入するまでナブラは待ってくれない。
神出鬼没なので、敢えて動かず次を待つことにした。


じっとしてらんない無慈悲なキョウコちゃんはナブラを待ちきれずモリゾーモデルを投入する。
滑らかな海面でダイブを繰り返すペンシル・・・
そしたら・・・


キョウコちゃんのお誘いを断り切れなかったメジロがバゴゥッ!と(驚愕


アズるキョウコちゃん、再び(爆


長期戦を確信するオレ。
うーん、暇だ、暇すぎる・・・


マッタリしていたら、至近距離でナブラ発生!!!
オレも人の子だ・・・一尾くらいは釣ってみたい(渦渦

そんなオレを察してか、おいこさんが叫んだ!


ココは素直にお言葉に甘えさせていただくことにした。
速攻でナブラは沈んでしまったが、メジロは近くにいるはず!


タモ助をおいこさんに委ね、四方八方に注意を払いながら、次のチャンスを待った。


こんなデカいお魚を笑顔で片手ブツ持ちとか・・・(ゴクリ
しかも、腕がー腕がーて辛そうだったのに・・・さすがプロ(爆


暫くすると、チャンス到来!
近寄った直後にナブラは消えてしまったが、諦めずドラゴンサラナ先生を遠投し、海面を滑らせるように引いてやると・・・


バゴゥッ!と食い付いた!!!
ヒデキ感激!



お昼前の時点で、無慈悲な女性陣はメジロを各々2尾ずつ。
自分はメジロと食べ頃マダイを1尾ずつ。
そこそこ激しい割には微妙な釣果だ。


更なる釣果うpをめざしてスタンバるも、徐々にインターバルが永くなっていった。
「塩ゲーや鯛ラバを落としたらナブラが立つ」の法則が発動しても良いから底物を狙ってみるが異常なし。


THEお食事タイム到来!


キョウコちゃんが差し入れしてくれたイナリ寿司をいただいた♪
さすが「フィッシング界の女もこみち」だけのことはある。
めちゃめちゃ激ウマーッ!


デザートは、おいこさんが差し入れしてくれた梅ゼリー♪
これがまた懐かしいというか素朴というかシンプルなようで奥深いというか・・・
もうね、美味しすぎるモンだから、うっかり溢したりしたら、キョウコちゃんが激怒するレベル(怖


さて、お腹が満たされたところで午後の部、プレイボ~~~~ルッ!
・・・した途端にナブラ発生(鳩豆
豆のような弐号艇をフルスロットルで急行させる!!!


バリバリの戦闘モード(滝汗



そして即座に掛ける無慈悲な女性陣(白目
キョウコちゃんは、アズりすぎて変な笑いが出始めていた。
何か処方できる薬を持っていないし、取り敢えず嬉しそうなので放置しとくことにした。


サクッとランディングに成功したおいこさんとは対照的に、案の定、長期戦に突入したキョウコちゃん。
体力低下のせいか、ゆーとぴあポーズにキレがない。


暫くすると、海がペターンと大人しくなってきた。
タイドグラフだとまだまだ満潮ではないはずなのに・・・(困


まぁ自然相手なんで仕方ない。
元々早い時間帯で納竿するつもりだったし。
そこで、ナブラ撃ちから、アコウ又はマダイ狙いの釣りに切り替える事にした。


本流は消え去ったが、潮が若干だが動いている場所があった。
魚探に濃いベイト反応もあるので、重点的に流してみる。


実は・・・狙いはアコウやマダイではあったが、内心思うところがあった。
前回、青物をラインブレイクで取り逃がしてしまったことが悔やんでも悔やみきれないでいた。
狙って掛けるのは難しいが、もしも掛けることができたら今度こそ逃がさん!


そしたらマジで食ってきた(脱糞


二度も連続して取り逃がしたりしたら当分立ち直れないだろう(怖
今回は、広島界隈で最もイカ臭い男一位による操船サポートも受けられない。
やるべきことをやるしかない(爆汗


そして、激闘の末・・・
感動の瞬間(男泣


っしゃゃぁぁぁぁああああああああああああああああああああああ!(雄叫



「あっひっくり返ってる!」
「〆てクーラーに入れた方が良いんじゃない?」
「ゑ!?」


感動に浸る間もなく、根性のない青物の対応に迫られた。
早速〆て、キョウコちゃんの無慈悲なドデカいクーラーに入れてみる。
蓋がしまらん・・・。
頑張ってギューギュー詰めにしてみるが・・無理(超汗
てことで、これにて納~~竿~~~~~ッ!


ドデカいクーラーを2個も積み込むと逆に釣れるんだろうか(怪
おいこさんのクーラーまで動員し、氷を入れてやると、計算したかのようにピッタリ納まった。


鉄板の無慈悲プレイだったはずなのに・・・
(だから持っていった方が良いジャン)て女性陣は言わんけど言われてるようでなんか悔しい。




いや、ホント、マジで。
こんな絵に描いたような、何もかもが完璧な釣行があって良いのだろうか。
いや、真の完璧ではないか。
ウミガメの捕獲に成功とらんし、誰かがサメに喰われとらんし・・・(凹


それでも人生で5本の指に余裕で入る完成度の高い釣行だった。
ということで、久々に画像に小細工をしてみたら、忙しくて時間がめっちゃ掛かってしまった(汗


だが、お陰様でスッキリしたせいか、仕事もその他の釣りもまずまず順調にこなせている。
最初に声を掛けてくれたキョウコちゃん、参戦してくれたおいこさんにはこの場をもって御礼申し上げたい。



それと・・・
ケンジ・・・キミが居なかったら、この釣りは成立していなかったかも知れない。
ありがとう!
もう二度とお目に掛かることはないと思うが(爆





2014.07.21 Mon | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/07/13(日)   CATEGORY: 未分類
F-Report 140702 「出撃せずにはいられない衝動 復活編」
最後の最後に青物とのファイトに敗北した日曜日。
もし、勝利をこの手に掴んでさえいれば、本命の良型アコウにカスリもしなかった記憶はキレイに消去できたはずだった。
加えて、フックアウトならまだしもラインブレイクだなんて、あばれはっちゃくの父も泣き出すレベル(爆凹


その2日後・・・。
かつて経験した事のないくらい身も心もダルダルで、それでいてイライラするような、そんな火曜日の朝の出来事だった。


次の土曜日の天気が気になり、スマホを手に取ると、LINEのメッセージに気が付いた。
「フィッシング界の女もこみち」こと、キョウコちゃんからだった。



内容は有り得んくらい衝撃的だった。
キョウコちゃんが社会的信用を失いかねないのでフルコピペは避けるが、
「もしかしたら明日休みで釣りに行く気なんじゃね?」的な内容だ。


そんなアホな(爆


あまりにも衝撃的すぎたが、一応、リトルHIROに尋ねてみた・・すると、


(では逆に僕からHIROに質問したいのですが、振替休日カードがあるのにそれを自分から逃しますか?)


リトルHIROの逆質問にオレは感動した!
このモヤモヤを晴らすには、出撃するしかないと薄々は判っていたのに、オレは現実から目を逸らしていただけだったのだ。
それからのオレの調整能力は我ながら半端なかった!
仕事のスケジュールを巧みに操ると振替休日カード発動に見事成功!!!


更に衝撃が走る!
キョウコちゃんに誰かお誘いしたら?と言ってみたら、何と!
おいこさんが参戦することに?!


オレはドキドキしていた・・・(爆汗
まさに「両手に花」といえるこの状況のことではない。
お二人には少しでも良い釣りをご提供したいが、全く自信がない。
だが、こればっかりは基本的にネガティブ設定だから仕方がない。


(何か・・・話がドラマチックすぎる・・・ぁゃιぃ・・・っていうか、寧ろ怖い・・・)



言い知れぬ悪寒に襲われながら迎えた翌日、7/2(水)7:00
女性二人に自宅まで迎えに来て貰い港を目指した。
車中では出発直後から会話が弾みまくり、オレは悪寒を忘れるほどだった。


道中、とある交差点の赤信号で止まった時の事だ。


「ぁ・・・」
「あ”・・・!あぁぁぁぁぁぁあ”あ”あ”あ”あ”あ”・・・」


突然、何かが憑依したかのようにキョウコちゃんが奇声を上げた!
目線の先では、ドデカいトレーラーが右斜め前方をこちら側に向かって右折しようとしているところだった。
そして、見つめ合うトレーラーのパイロットと軽箱バン助手席のキョウコちゃん・・・(ゴクリ


(頼むけん、運転中はよそ見せんといてくれ)

何が何やら全く理解できないオレに出来ることは、こう思うくらいだった。



なんと!出身地から何十㌔も離れた片田舎で、幼馴染みのケンジと再会を果たすキョウコちゃん(怖
ドラマチックすぎてオレの悪寒再起動!!!(恐


互いに声を掛け合うわけでもなく、すれ違う二人・・・。
しかし、そこに言葉は要らない・・・。
ニュータイプのコミュニケーション能力に激しくジェラシ~!(感動


IPhoneに「メモ!」と話し掛けると、メモ機能が起動する事をおいこさんに教えてもらっていた。
釣りと全く関係ないが、これほど大物のネタに出会えることもそうそうないだろう。
忘れたら大事なので、早速メモ機能を使ってみることにした。


「メモ!」
「ケンジ、運命の出逢い!」


すると、モニタに表示されたのは・・・


「ケンジ,うんこまみれ」


おのれ・・・スティーブ・ジョブズめ・・・



海に到着する前からドラマづくしだった。
人生で経験することが出来るドラマ量が決まっているとしたら、来世分まで前借りするペース・・・。
何か恐い・・・恐すぎる・・・。


果たして、何か釣れてくれるのだろうか・・・。
ブルンブルンと渦巻く悪寒を感じながら、我ら一行はポイントを目指した。



To be Continued
「出撃せずにはいられない衝動 復活編その弐」につづく



2014.07.13 Sun | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/07/08(火)   CATEGORY: 未分類
F-Report 140629 「出撃せずにはいられない衝動 挫折編」
先に断っておかねばらない。
今回の記事は、FE2至上最もおもんない記事になるであろうことを!(断言
後に登場するお二人は、どうか記念として受け止めてほしい・・・。


勿論、オレとて無用な殺生は避けたい。
そうなることが判りきっているのに敢えてチャレンジャーになろうとは普段なら思うはずもない。
これまで数々の釣行の模様を記事にすることなく、歴史の闇に葬り去ってきた。
今回も何事もなかったかのように迷宮入りするはずだった・・・。


が!
今回ばかりはスルーすることが許されそうもない・・・。
ムリクリにでも書かないと次の本命記事に繋がらないことが判明したからだ!(脱糞


更に衝撃の事実が追い打ちを掛ける!
画像をチェックして愕然とした・・・(鳩豆
予想以上に全然おもんない(白目


てことなので、サクサク書いて寝る事にする。



金曜の夜から土曜の早朝までは、奇行種を交えたスルメ釣り。


土曜の昼前から、日が完璧に落ちるまでオフショアゲーム。
そしたら、ナンチャンがサメに喰われた。


そして、翌日の日曜日。
この日もご一緒させてもらったのは「バードアイを持つ男」ことナンチャン。
それと、「広島界隈で二番目にイカ臭くて、いろんな意味でスキルが高い男」ことKMちゃんだ。
広島界隈でイカ臭さ一位と二位のコンビネーションプレイがどれほどの破壊力を秘めているか想像できるだろうか。



週休二日制をいただいている身であるが、そんなお二人と、まさか二日で3回も釣りに行く事になろうとは(即死



ただ、この日のオレの本命は青物ではなかった。
前日の真鯛&アコウ狙いの釣りが自分自身納得できんすぎたからだ。

一晩という限られた時間ではあったが、打開策を練ってみた。
と、まぁコレで結果が出ていたらホクホクブログになっていたのだろうが、そうそう世の中甘くはない。
序盤はエソ一尾(激凹
しかし、イカ一位とイカ二位も余り釣れてなかったので、自分が釣れなくてもある程度安心できた(笑


ところが、思い切ってエリアを変えてみたところ、状況が一変する!!!


ここからは超おもんないので淡泊にいきまーす(棒読

かっこいいでーす(棒読


デカイです(棒読
いいなぁー(棒読


幻のお汁が眩しすぎるー(棒読


美味しそうな真鯛釣れていいなー(棒読


デカいなー(棒読


ダブルフィッシュバーガ~(棒読



画像から判るように、もうそこそこエエ感じの夕暮れ時を迎えていた。
二人がボッコボコ釣りまくる横で殆どバイトもなく、黙々と釣りを続けていたが、ここまで圧倒されると釣れる気が全くしなくなる。


そこそこ検証できて、そこそこ釣果に恵まれつつ、あー次に繋がる釣りができてよかったなーっ!
なんてエンディングが待っているものとばかり思っていた。
しかも、イカ一位が素晴らしいタイミングで弄ってくる。


サメにチンコを喰われれば良いのに・・・(江古江古阿座楽江古江古阿座楽




もはや・・・これまで・・・か・・・



しかし!ここでビッグドラマ到来!
超元気の良い何かが食い付いた!


                 /\___/\
               / ⌒   ⌒  ::\
  ┏┓  ┏━━┓   | (●), 、 (●)、 :|
┏┛┗┓┃ ━ ┃┏━|   ,,ノ(、_, )ヽ、,    |━━┓ ┏┳┳┓
┣    ┫┃┏┓┃┗━|   ト‐=‐ァ'   :|━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┏┛┗┛┃┃   |   |,r- r- |   .:::|       ┏━┛┃
  ┗┛      ┗┛   \  `ニニ´  .:/      ┗━━┛
               /`ー‐--‐‐一''´\

唸りを上げるドラグ!
PE0.6号がすんごい勢いでスプールから引き出される!!!

こっこれは!?
本命ではないが、KMちゃんが釣り上げたメジロクラスの青物に違いない!!!(鳩豆

無理はできない(爆汗
極細ラインゆえ取り込むまでに一体何分掛かるか判らないが、丁寧に対応する!!!
イカ一位も的確な操船でサポートしてくれた!


(アコウも真鯛も釣れなかったけど、最後の最後にメジロなら・・・またそれも一興・・・)






    /\___/ヽ
   //~    ~\:::::\
  . |  (・)   (・)   .:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   は?
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


今まで数回、塩ゲーで青物を掛けたが、ラインブレイクで獲りそこねた事はない・・・。
ほぼ完ホゲに近い状況を起死回生の一尾で締めくくれるはずだったのに・・・。
このショックは正直デカかった(脱糞


気が付けば連日の大漁劇。
勿論、この中にオレの獲物は一尾も・・・(号泣


翌日の月曜日。
6気筒のうち2,3本逝ってるんじゃないかと思うくらい心身共に重い、重すぎる。
都合3回も釣りに行ったくせにこんな事を言うのも何だが、こんな気持ちを抱えたまま、次のお休みまで激務をこなさないといけないのかと思えば思うほどに疲れは増し、そして悔しさに胸が締め付けられた。


更にその翌日の火曜日の朝。
衝撃のメッセージがオレのスマホに?!


To be continued
(出撃せずにはいられない衝動 復活編へつづく)



2014.07.08 Tue | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/07/07(月)   CATEGORY: 未分類
F-Report 140628 「出撃せずにはいられない衝動 起点編」
釣りをする者なら誰しも一度は経験したことがあるに違いない。
衝動に駆られ、居ても立ってもいられない時がッ・・・!!!




奇行種の反撃に遭いながら、スルメ釣りに興じた一夜。
帰宅して、床に就いたのは5時前だっただろうか・・・(凹
9時過ぎに目が覚めて、暫しくつろいだのも束の間。


再び、Ride on the ナンチャン号(汗w
一体オレは何処へ連れて行かれるのだろうか・・・(恐


12時過ぎに現場に到着。
ナンチャン曰く、ナブラタイムまではまだ少々時間があるらしい。
来るべき祭りの時まで、ベイトを捜して真鯛とアコウを狙ってみることにした。
すると・・・


もうね、ボコボコですわぁぁぁぁぁああああああ!
良型アコウやら真鯛やらポンポン釣りまくるナンチャンとKMちゃん!


自分はと言うと、何度か貴重なバイトがあったがフックアウトの嵐(爆凹
それでも何とか一尾だけアコウGET!


二人に何とか追いすがろうと頑張ったつもりだったが、気持ちだけで何とかなるレベルを遥かに超えた二人のペース(怖
こうなると、せめて本命の青物部門だけは置いてきぼりを食らいたくないと思うのが人情というもの。


だが、徐々に予報よりもキツめの風が吹き始め、白波が立ってきた。
こうなると、ナブラの見極めが非情に難しい(凹


(もはやオレに見せ場はやってこんのかもしれん・・・)


そう覚悟しはじめた時だった!
ほんの数時間前まで「広島界隈で最もイカ臭い男」だったのに、いつしか「バードアイを持つ男」に変身していたナンチャンが、白波の中にナブラ発見!(感動
モンスターエンジン搭載のナンチャン号が狂ったようなスピードで射程距離内へ!(燃


(コレはもろたで!!!)とキャストした瞬間、確信!(燃


ところが!思いっきし風下だったため、撃ち放たれたペンシルは急激に減速すると、ナブラの手前に着水(白目
失意のズンドコながら、もしかして~と引いてみたら、バゴッ!とHI~~~~~~~~T!!!


この後、益々荒れてきたので青物を求めて別なエリアへ移動することにした。
そこそこエエ時間だし、イケスでは有り得んくらいお魚が泳いでいるのに帰ろうとしない。
ナンチャンもKMちゃんも根っからのハンターのようだ。
そして、ハンターは常に危険と背中合わせという宿命を背負っている。

ナンチャン!サメに喰われる!の巻(爆


コンデジがAUTOモードでフラッシュを焚いちゃう時間帯に納竿(爆汗


結局、この日の自分の釣果は、アコウ×1、ハマチ×1。
一方、ナンチャン&KMちゃんは、アコウ×多数、真鯛×多数、人喰い鮫×1。

二人が餌使いで、いくらお上手だからといっても、この釣果の差を納得出来る理由にはなり得なかった。
何がどうイケないのか・・・勝ち負けにあまり拘りはないが悲惨すぎる・・・(悲


決定的なミステイクを犯しているのかもしれない・・・。
が!まだまだ検証するチャンスはある!


To be continued
(出撃せずにはいられない衝動 挫折編へつづく)


2014.07.07 Mon | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/07/02(水)   CATEGORY: 未分類
F-Report 140607-27 「禁断のスルメデビュー」
「キャッポー追悼釣行」の模様をうpし終えたところで燃え尽きたHIROです。


さて・・・
忙しすぎてあっと言う間に6月が過ぎ去り、気が付けば7月・・・。
仕事をしないと飯が食えないので体力は温存しときたいが、釣りに行かないと仕事をする気になれんのが辛いところ。
円滑に仕事をクリアするため、覚えてる限りでも意外と結構釣りに行ってたりする策士なオレ(怪笑


しかしながら、ただ漠然と出撃して完ホゲを食らったりしたら目も当てられない。
「海で糸を垂らしていたら、それだけで幸せ」なんて暢気な事を言ってられる状況ではないのだ。
目的意識を持ちつつ、きちんと結果を残さねばならない。
そこそこ釣れる!そして食べて美味しい!というテーマでターゲットを絞ってみる。


そして、オレは、遂に・・・禁忌を破ることになる・・・。


背に腹は代えられないモードのオレが選択したターゲット、それは・・・ゴクリ・・・
「スルメ釣り」だ!(ドドーン


「餌釣りはやらん!」と堅く誓っていたが仕方あるまい。
エギでも釣れない事はないらしいが、周りが餌でポンポン釣ってるのに、一人だけエギでドMな釣りに興じるなんて嫌すぎる。
我慢強さで定評のあるジョン・ランボーでも我慢できんと思う。
しかし、何をどうすれば、何処へ行けばスルメが釣れるのか全く判らない。
そこで頼りになるのは、この時期の広島界隈で最もイカ臭い男として名高いナンチャンだ。


結局、6月中に計3回もお誘いいただき、スルメ捕獲釣行に出掛けてみた。
最後に巨人が出てきて反撃するからメンドイ、超メンドイ。


▼反撃する巨人の図(諫早先生ごめんなさい)



6/7(土)
この日が記念すべき初スルメ漁だった。
用意するのはメバリングタックルで良いとの事だったので、デクスターやらイグジストやら全てがメバリング仕様。
コカ・コーラゼロは勿論だが、エンプティー気味な体力を補うためチョメチョメ液注入!




待ち合わせ場所はセレブリティー感漂うマリーナだ。
緊張したからではないが、お腹が痛くなったのでセレブリティーなトイレに駆け込むと、「ブツブツブツブツ・・・あいつは信じられん・・・あいつは信じられん・・・」と呟く隣人(怖
セレブリティーワールドのダークサイドを体感しつつ、メーデー回避(安堵


そしていよいよ出航の時が迫ってきた。
ナンチャン号に乗船させてもらうのはいつぶりだろうか。




風の便りに聞いてはいたが、ハイテク仕様になっちゃってるナンチャン号。
これで対艦ミサイルの脅威が軽減された・・・いや、ムキ出しになったいう方が正確か。



あっという間に現場に到着。
なんという、この「あっという間」感(笑


この日はナンチャンと自分の他にもう1名、ナンチャンのお友達のKMちゃんとご一緒させていただいた。
さすがナンチャンのお友達だけのことはある。
いろんな意味でスキルが高い(笑




広島界隈で最もイカ臭い男曰く、この日はちょっと・・・いや、かなり渋いらしい・・・ゑ"!?
ナンチャンがあちこちサーチしてくれるが、どうも反応が芳しくない。




釣行開始早々に一度バイトがあったものの、それ以降反応がない。
徐々に焦りはじめていた・・・まさか爆釣と聞いていたスルメ漁でオレ・・・ホゲるのか!?
だが、そんな杞憂も、広島界隈で最もイカ臭い男にかかっては取り越し苦労に過ぎなかった!

▼スルメ初GET!(※オフショア)(;つД`) オトコナキー



華麗な「ながら釣り」の広島界隈で最もイカ臭い男。




広島界隈で最もイカ臭い男よ!すまねー!(平謝
デジカメの撮影モードが間違ってたらしくブレブレでマジすまん!




1:00頃まで堪能し、釣果は3人で70杯くらいだっただろうか。
最盛期に比べると全然らしいけど、ちょこっと誘いのテクを模索してみたりできるくらいがルアーチックで面白い。(※正解は当然わかりませんが)
スルメ釣り・・・イイ!(笑



6/21(土)
第2回目の釣行だった。
この日は、ナンチャンのお友達のODさんとご一緒させていただいた。




ソコソコ釣らせてもらうことが出来た初回。
そして、2回目。
大体の事は教えてもらった分、ある程度は釣らないと「初回はマグレだった疑惑」が浮上しかねない。
燃えた!


あまりにも燃えすぎたからなのか、渋いながらも秘奥義炸裂ッ!!!
オレは天才なんじゃなかろうかと自画自賛・・・まぁ只のマグレだが・・・。




約3時間の釣行だったが、前回に比べて更に渋さに磨きが掛かっていた。
・・・が、それがまた楽しいというか(笑
3人合計の釣果は、良型混じりで50尾くらい。



6/27(金)
潜入捜査という名の東京出張から帰還した翌日で、足腰がガクガクだった。
普段ならバカンスを楽しみつつ、疲れた身体を癒したいところだが、「オークさん、ごめんなさい」の合い言葉がお馴染みのオーク隊長が参戦されると聞いては、突然のお誘いであろうとお断りする理由が見当たらない。



20:30実釣開始。
太陽が東から昇り、西へ沈んでいくように、ごく当たり前に、「ごめんなさい」と言えるものとばかり思っていた。
しかも直接本人に。
ところが、これが大誤算!


超激渋の中、序盤からポツポツ釣り上げ、自分がようやく一杯釣った頃、隊長は5杯釣ってるペース。
何か嬉しそうに、「HIROくんは、反撃の巨人って書く・・・」とかどうとか聞こえたのでリクエストにお応えしてみた。
決して悪意はないことをこの場にてご報告しておく(棒読



まさか、このようなタイミングで・・・
世間の皆さまにどうお詫びしたら良いのか・・・
「オークさん、ごめんなさい」の流れをブッタ切ってしまうとは・・・


何とか頑張れば、奇蹟が起きるかも?と猛追してはみたが・・・




まぁ美味しそうなので、細かい事は気にしないことにした(笑




納竿して、片付けて、セレブリティーなマリーナの駐車場を出た時には3:00(汗
この日は、デイでナンチャンとオフショア釣行することになってたんだけど・・・


その模様を含め、あれこれネタが溜まりまくってるんだが・・・
どーしよーーー?(白目



2014.07.02 Wed | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
一釣一善
めばるing
 めばるing
Favorite-MAKERs

 DAIWA
 BREADEN
 ufm
 Graphiteleader
 SMITH
 GoldenMean
 STANSS
 AquaWave
 DAIKO
 Seaguar
 Yamaga Blanks
 ZipBaits
 TACKLE HOUSE
 バス・海釣りならDRESS(ドレス)
 MEGATECH LIVRE
 Jackall
 ECOGEAR
Favorite SHOP

 POSEIDON
最新の記事
Categories
  • メバリング(173)
  • アジング(121)
  • エギング(52)
  • ショアジギetc.(16)
  • 鯛ラバ・塩ゲー(16)
  • タチジギ(7)
  • 青物etc.キャスティング(3)
  • タックルetc.(38)
  • その他(72)
  • リンク+(23)
  • 未分類(296)
  • 釣的進化論(17)
Access Analyzer
Mail Form

名前:
YOUR MAIL ADDRESS:
件名:
本文:

PROFILE

 HIRO

Author:HIRO
 【管理人HIROのスペック】
 広島県呉市在住
 ♂・1960年代式・射手座・A型
 Team ARROWS所属
 スキルレベル:
 (趣味)
 釣り/☆☆☆☆
 サッカー/☆☆☆☆
 PC/☆☆☆☆
 (食べ物)
 人参/☆☆☆☆☆
 キュウリ/☆☆☆☆☆
 レバー/☆☆☆☆☆
 お寿司/★★★★★
 (メンタリティ)
 怖い話/☆☆☆☆
 大和魂/★★★★★ ←ウソw


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。