Homeメバリング | アジング | エギング | ショアジギetc. | 鯛ラバ・塩ゲー | タチジギ | 青物etc.キャスティング | タックルetc. | その他 | リンク+ | 未分類 | 釣的進化論 
F-Evolution2 headline  ★ご挨拶★ いらっしゃいませ<(_ _)> 大好きな釣りをメインテーマにしたブログです。 釣りは楽しく!釣れなくてもそこにドラマがあれば!!をテーマに日々精進しております♪ どうぞヨロシクお願いします<(_ _)>
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/11/24(月)   CATEGORY: 未分類
F-Report 261115 「タチジギ開幕前日プラクティス」
もはや・・・ここまでか・・・

3週間がんばったがまともな釣果が得られず、オレの鯛ラバ・塩ゲーの今シーズンは終わりを告げた。
やり尽くした感が充分あった今シーズンだったように思う。
だが、ただただ暢気に構えていられる状況ではない。
解決すべき課題がいくつかある。
次に狙えるようになるまで、5ヶ月近くご無沙汰することになるが、その間にじっくり解消したいと思っている。


そして、ステージは移行する!
手探り感満載のタチウオパターンの青物攻略。
それと、待ちに待ったタチウオジギング開幕がやってきた。


そんな折、おいこさんからオファーを貰ったので、前日のプラクティスを兼ねて出撃してみた。


11/15(土)7:00頃 県内某所めっちゃ沖
kazuと共に出港し、まずは、”ベイトがタチウオ”の釣りからスタートしてみることにした。

現場に到着すると、カモメ先生がめっちゃワイワイ飛び回ってて、時折海面に突っ込んでる!
海面では20センチくらいのタチウオが逃げまくり!
しかも、単発ではあるがナブラがあっちこっちに!



・・・しかし、「ナブラを追っ掛けると、さっきまで居たところで出る」の法則に翻弄されまくり・・・(凹
”魚は居る!”ことだけは確信して青物の部終~了~~~(白目


そんなベストなタイミングで貴重なタチジギ情報が!(感激


20分ほど走って遠くに現場が見えてくると、船団発見!!!


予想したよりもかなり規模の小さい船団だったが、有名遊漁船もいらっしゃったので高まる期待!!!
が!釣れん!
周りも釣れてる様子が殆どない(滝汗


(ちょっと船団を外れてみるのも良いかも)


と思い、更に沖合いに出てみると・・・


▼微妙なサイズですけれども!キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!


ヒットカラーはピンクだと判ったが、ポッツリ~ポッツリ~って感じでペースは一向に上がる気配を見せない。
そんな渋い状況が2時間くらい続いただろうか・・・。

何の前触れもなく、突如上向くkazuのペース!!!

▼ゑ"?


    /\___/ヽ
   //~    ~\:::::\
  . |  (・)   (・)   .:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   はぁ?
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


仰りたいことは判りますが・・・大きいんだか小さいんだか(怖

▼「今世紀最大級」って言いたいだけじゃね?みたいな(怖


▼大したペースではないけど、食べられるサイズがボチボチ釣れる感じ。


活性が低いみたいだからってスローにスローに誘っても全然口を使ってくれないのに、強めのワンピッチジャーク×3、フォールの組み合わせ、しかもピンクが圧倒的にバイトが多い・・・正直、コレが100点満点中何点なのだろうか・・・(滝汗


▼晴天のはずなのに・・・おかしいな・・・前が見えねぇ(涙
(かなり前面に押し出しいます。タチタチ詐欺にお気を付けください)


▼一番大きかったサイズでもこの程度(微妙


▼タチタチ詐欺の全貌


15:30頃納竿

▼この日の釣果。
結局、二人掛かりで30尾程度の釣果だっった。


取り敢えず、釣れる事だけは判ったので、翌日の釣行に臨むにあたり超一安心のオレ(白目
そして、久しぶりってのもあるだろうけど、タチジギをそこそこ満喫した一日となった♪


そして・・・いよいよ大事な翌日・・・
想定以上に超高濃度な釣りが展開されることになろうとは・・・(恐



スポンサーサイト
2014.11.24 Mon | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/11/22(土)   CATEGORY: 未分類
F-Report 141102-03 「真逆な三連休 後編」
まさかの超ヘビー級ハードシチュエーションの中、チーム馬太朗と過ごした初日の11月1日。

▼馬太朗:「アーーーーーーーーーーーーッ!」


有能な乗務員に恵まれ、終わってみればいろんな意味で想い出に残る楽しい一日になった。


そして、残る11月2日と11月3日。
もぅ書かんとこうかと思ったが、タイトルを「前編」としちゃったので自虐全開でサラッと書いておく。


11月2日(日)8:30頃 県内某所
予報では、雨が降らない代わりに有り得ないレベルの暴風だった。
冒険家ヴァスコ・ダ・kazuが「超近場でブリが釣れるんじゃけん!楽勝よ!」と仰るので騙されたつもりでお付き合いすることにした。

▼プチモンスター号をレンタルし、いざ暴風の海へ!


思ったより暴風ではなかったが、風が冷たい・・・
そして釣れる気配が全く感じられない・・・

隣でコノシロの泳がせ釣りをやってるkazuを見てるうちに、ふと気が付いて泣きそうな気分になってきた。



・・・本当に騙されたらしい(号泣
こういうのを「ブリブリ詐欺」とでも言うのだろうか・・・。




11月3日(祝)9:00頃 市内某所めっちゃ沖

前日よりも酷い天気になるとの予報だったのに、劇的に好転したので、前日に轟沈した二人にジュンさんが加わって急遽出撃することとなった。
勿論、ブリ狙いの超近場釣行などではない!(キッパリ
初日と同じエリアを訪れてみると、やや釣り辛い状況ではあったが、何とか釣りにはなりそうだ。


(コレはもろたかもしれん・・・ゴクリ)


▼kazuが序盤で食べ頃アコウをGET!


・・・それから数時間。
考えつく全ての引き出しを総動員したつもりが、一切ドラマのないまま終~了~~っ(白目


こうして終えた三連休を振り返ると、結局、最悪の天気だった初日が一番熱く・・・
なのにタックルを忘れ・・・
二日目はブリブリ詐欺に遭い・・・
最終日は意味不明・・・


もぅ何が何だか・・・釣りってつくづくワカラン・・・ワカランすぎる・・・


だが、一つだけ確かな事がある・・・


三日間でオレが釣ったのって・・・(寒気





2014.11.22 Sat | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/11/17(月)   CATEGORY: 未分類
F-Report 141101 「真逆な三連休 前編」
10/31(金)夕刻
翌日からの三連休を目前に控え、オレの胸は高鳴りっぱなしだった。
まず初日は、ヴァスコ・ダ・kazuとブリを狙うことになっていた。
ヴァスコ曰く、超近場でブリが狙えるらしい。

「マジか!?そんな簡単に釣れんじゃろ?」
と問うと、
「ブリ釣れまくりよのぅ~!!!」
と自信満々に言い切るヴァスコに当然根拠などありはしない。

二日目は、馬太朗御一行からオファーを貰っていた。
最終日は、自宅でマッタリと過ごすのも良かろう・・・。
そんなプランだった。

・・・そんなプランのはずだった。



そろそろ翌日に備えて寝ようかと思ってた矢先の出来事だった。
馬太朗から衝撃的な入電!


なんということでしょう(ビフォーアフター風

絵に描いたような見事な勘違いだった。
随分前から約束していたので、ヴァスコ先生に詫びて、初日は馬太朗御一行と出撃することとなった。



11/1(土)9:30頃 市内某漁港

予報では曇りで雨は降りそうもない。
が!一安心も束の間・・・またもや衝撃的な事件発覚!
荷物を車から降ろそうとして気が付いた・・・。
対青物タックルの・・・グリップ側がどこにもない・・・
ぐはっ・・・自宅の駐車場に置き忘れてきた模様(脱糞
取りに帰るわけにもいかず諦めることにした。
うまい具合に青物が出るとも思えんし・・・。


御一行をピックアップし、15分ほど走って現場に到着。
風と潮が真逆で少々釣り辛かったが、気温は暖かく釣りにはなりそうだ。


メンバーは、馬太朗、相方のシヴ姫、そして久しぶりにお会いすることとなった馬太朗のお友達の・・・
顔出しNG、名前出しNGでいろいろナシな設定な超シャイなお方なので、仮に「なっしーさん」としておく。
以上、3名プラス自分の計4名。


ターゲットは真鯛、アコウ、ミラクルで青物。
弐号艇初乗船のなっしーさんには是非とも良型アコウか真鯛、あわよくば青物を獲ってもらいたいところ。
シヴ姫はオフショアでアコウを釣った事がないと仰るので、念願を叶えてもらいたいし・・・。
まぁ馬太朗は釣りがお上手なので放置でエエだろう。
自分としては、シヴ姫とご一緒して一度たりとも良いところを見せたことがない・・・と言うか、殆どホゲてるのでまずはホゲ回避が目標だった。


兎に角、早い時間帯に全員ホゲを回避しつつ、昼過ぎの納竿時にはいつの間にか結構な荷になってました!的な展開が理想的なのは言うまでもない。
だが、現実はいろんな意味で真逆路線を突き進むこととなる。


ホゲ回避どころか超激渋!
たまにバイトがあっただけで嬉しがるレベル(激悲


更に、実釣開始後暫くすると、曇りの予報だったにもかかわらず、雨が降ってきた。
雨にもいろいろあるが・・・THE土砂降り(呆然
もう釣りというよりも、単なる苦行だった。
予報を信じてレインウェアの上しか着てこなかったオレと馬太朗は、速攻で下半身がグズグズに・・・(激寒


馬太朗:「勝利のズボンください!!!」
オレ:「キニスルナ・・・すぐに勝利のパンツが欲しくなるから」

▼一方、有能な二人


どれだけ雨に打たれただろうか。
遂に長い沈黙を破って馬太朗のジグに何かが食い付いた!

▼高級魚セトダイGET!
ルアーでセトダイが釣れるとは・・・さすがだ!馬太朗(ゴクリ
(ちなみに、セトダイは地方名で「タモリ」、地元名で「カイグスネ」と言います)


結局、午前中はこのセトダイ一尾のみという惨憺たる状況で終えることとなった。
満ち潮が本格的に効き始める午後からは状況が一変するかもしれない・・・
そう信じるしかなかったのに、状況は好転するどころか悪化の一途を辿る!(失禁


魚探には何の反応もなく、ただの水深計測器化し、バイトすらない泣きそうな状況が暫く続いた。
そんな状況を打破すべく、午前中は僅かだが反応があったベイトを探して、プチ移動してみた・・・すると・・・


潮目の上空をクルクル旋回する無数のカモメ先生発見!
しかも数羽が海へ突っ込んでる!?
よくよく見てたら、カモメ先生が突っ込んだ場所で水柱が?!!!


▼馬太朗!会心の青物GET!!!


振ったり止んだりの土砂降りの猛攻が続く中、出続けるナブラを前に帰ろうにも帰れない(汗
だが、ナブラと言っても出現時間は極端に短く、なかなか手強い。

しかし!馬太朗のスキルには空気を読むとかそんな細かい設定はないのか、怒濤の三連発!

▼もう何が何やら無茶苦茶な船上


更にナブラの出現は続く!
どうやら青物に混ざってサワラも入ってるらしく、偶にドカーン!とデカいサワラが大ジャンプを見せたりする。

(まさか・・・こんな展開になろうとは・・・)

こんな時に限って青物タックルが無いなんて・・・(白目
アホな自分はさておき、なっしーさんとシヴ姫に何とか釣って貰いたい!(燃


ナブラへのアプローチを繰り返す事、一体何回目だったろうか・・・遂になっしーさんのジグにHIT!

▼ブチ曲がるライトロッド!
一切緊迫感が伝わらない画像に仕上がってるが、オレもぉ心臓バクバク!


超ハラハラドキドキしながら暫く続いたファイトを見守った後、ようやく浮いてきたのは・・・巨大なサワラ(ゴクリ
とてもじゃないけどタモに入りきらないので、Bros.くん直伝の尻尾を掴んでムリクリハンドランディングに成功~~~!

▼97cmの超羨ましサイズGETのなっしーさん!オレ超感動!!!


やがて潮が緩んで潮目が消え去ると、ナブラも出現しなくなり時合い終~了~~~~!
ココまで粘ったらついでにもうちょいってことで、底物狙い&みらくるの青物を狙ってみることにした。


そしたら、遂に!遂にシヴ姫のロッドが!

▼こっこの引きは・・・アコウかも知れん!?


▼一瞬巨エソかと(笑
アコウじゃなかったのは残念だったが、なかなかエエ感じサイズのマゴチGET!


シヴ姫がドラマチックな一尾をキャッチしたところで、苦闘の一日を終える事にした。
みんな本当によく頑張ったと思う・・・。

オレは感動した!(男泣


▼この日の釣果。
クーラーに入りきらないので頭と尻尾を落としたサワラ×1、メジロ×3、マゴチ×1,カイグスネ×1。
釣行時間の割に量は少ないけど、高級魚ばかりなので許してもらうことにしよう(キッパリ


・・・で、オレはというと・・・
今回も・・・(爆凹

いや、お汁(カサゴ)連発なんて中途半端な釣果なんか真っ平ごめんだ!
DEAD or ALIVE!
いっそのことキレイさっぱりと完ホゲの方が気持ち良い!(プルプル


次回こそは、シヴ姫に良いところをお見せできるよう日々精進して参りたいところだが、三連休の残り二日間・・・。
このまま完ホゲを食らったまま終わらせる訳にはいかない!(怨念


「真逆な三連休 後編」に続く


2014.11.17 Mon | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/11/11(火)   CATEGORY: 未分類
F-Report 141019 「西方見聞録」
時が経つのは本当に早い・・・。
釣りに明け暮れる休日、仕事に追いまくられる平日、そんな忙しい日々を繰り返しているうちに、世間はすっかりお鍋の季節となってしまっているから驚きだ。
ブログを更新する時間と気力がないクセに釣りだけは欠かさないので、早速風邪を引いてしまいました。
HIROです。


10/19(日)7:00頃 市内某漁港
こう寒くなると、つい数週間前の出来事とは思えない程の暑い一日だった。
「○○(某有名エリア)専門の人」との異名をとるナンチャンが誘ってくれてkazuと3人で釣りに行く予定にしていたが、お仕事の都合で急遽中止になってしまった。
仕方なく、弐号艇で近場を攻めてみようと、kazuと共に出港しようとした直前・・・。


冒険家ヴァスコ・ダ・kazuがポツリと呟いた。
「行ってみん?」と。


「行ってみるか・・・」
オレも冒険家の端くれだ。
多くを語らずともヴァスコ・ダ・kazuが言わんとする意図は理解できた。


かつて経験したことのない片道50kmオーバーの長旅となるだろう。
20ノット程度で走っても1時間以上の行程となるのは致し方ないとしても、気になるのは燃料だった。
が!こんな時に限って何故か50Lくらい積んでたから不思議だ。
弐号艇の燃費が3km/L程度だから・・・普通に行けるはず!


こうして、遥か西にある夢のユートビアを求め、ほぼ無計画な冒険の幕が切って落とされた!


ほぼベタ凪の中、笹舟弐号艇を走らせた。
・・・遠い・・・クソ遠い・・・。
そして、遅い・・・ゲロ遅い弐号艇・・・。



だが、風景が刻々と流れていく島嶼部はまだ良かった。
本当の苦痛は、ユートピアがあるであろう遥か彼方の風景が見えてきてからやってきた。
走っても走っても全然近付かない・・・そして不安が脳裏をよぎる・・・。


(果たしてユートピアはユートピアの体を成しているのだろうか・・・)


激しく間の悪いオレだ。
「昨日までは入れ食いだったんだけど」的な地雷を踏んでも何一つ不思議ではない(轟汗


片道約80分。
ユートピアと呼ばれる海域に無事到着!(安堵
そして、異常なし!(白目


ホント、どうなることかと思ったが、暫くすると待望のナブラ発見!

ヴァスコ・ダ・kazuがサクッ!と・・・鳥のような魚GET(最恐


それから徐々に状況が好転し、ナブラが頻繁に出現しはじめると、サゴシやサワラをポツポツ掛けるヴァスコ先生。
一方、自分はというと一体何が悪いのか・・・鳥のような魚すら掛けることが出来ない(凹


考えて、考えて、ようやくサゴシGET!
経験値が少ない上に、思い込みが激しくて、シルエットばかりに気を取られていたが超単純な事を忘れていた(恥


サワラ(サゴシ)のナブラが圧倒的に多かったが、期待していたブリには届かないものの丸々としたメジロもGE~T!
サワラとは違い、こちらはシルエット重視なのかスーパーウルム先生大活躍♪




潮が緩みはじめると派手なナブラは出現しにくくなったが、最後の最後に念願の人生初サワラGE~~~Tっ!(歓喜
お顔がどう見てもデスノートの死神にしか見えんけど・・・(ゴクリ


ナブラを追っ掛けたり、監視するのが忙しくて画像はないが、ヴァスコ先生は自分のダブルスコアの大奮闘だった。
イケスが大変な事になったのは言うまでもない。
お魚に対しては超無慈悲な男、ヴァスコ・ダ・kazuが「どうすん?コレ」と言っちゃうレベル(鳩豆



14:00納竿。
往路と同じく1時間以上掛けて母港に凱旋してみると、消費燃料は計算通りとは言え驚愕の40L(笑
活動可能エリアがグ~~~ンと広がって、コレでスピードが・・・いや、贅沢は言うまい。


食べきれないお魚達は、kazu実家へ大量に投入されたほか、リョウさん(kazuの従兄弟・大阪在住)の実家へお裾分けすると帰省前日だったというミラクルも絡んで、最高の一日となった♪


・・・本当に最高で激熱な一日だった・・・(遠い目


最近のショボい状況続きにあって、余計にとても懐かしく思う・・・。
もう塩ゲーはお仕舞いにしよう・・・渋すぎて耐えられんわ、オレ(号泣
そろそろタチジギだZEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!





2014.11.11 Tue | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
DATE: 2014/11/01(土)   CATEGORY: タックルetc.
YONEX社製プロトロッドもどきの正体
mebaru総統が持ち込んだ「YONEX社製プロトロッドもどき」。
ちょっと貸してもらって使ってみたら・・・軽い気持ちだったせいもあってかインパクトが凄いのなんの(爆汗

この「YONEX社製プロトロッドもどき」を総統からいただいて初めて迎えた土曜日。
実際にお魚を掛けてみたい衝動に駆られたオレは居ても立ってもおられず、久々に単独で出撃してみることにした。


10/18(土)10:00 市内某所めっちゃ沖

自分・・・形から入る派なんで・・・コレは(爆


このロッドの正体が何なのか・・・
それは!m9( ゚Д゚) ドーン!

ゑ!?!またまたカラマ!?みたいな(笑
そうなると、気になるのがYONEXロゴだが、それには悲しい経緯が(号泣


mebaru総統曰く、コケた拍子にヒビが入ってたのか、使ってるうちにリアグリップがモゲたと(脱糞
そこで、ブランクの内側に木の棒を突っ込んで接着剤で連結させて、上から割れ目隠しのためにテニスのグリップテープでグルグル巻きしたと・・・(ゴクリ
何と涙ぐましい・・・全米が泣くわ、マジで。
こうして、YONEXが釣り事業に参入することなく、YONEX仕様が誕生(爆


(なんか前にも似たような・・・)取り敢えず、橘先生ごめんなさい(土下座

さて、この日は微妙な釣果に恵まれて(笑)、幸いにもいろいろ確認することが出来た。
硬すぎず柔らかすぎず、かつ必要最小限のバットパワーも備えている。
そして特筆すべきはその感度!
リトリーブ中にいろんな情報が送られてくることを、これほど有り難いと感じたのは久しぶりのような気がする。







これら3尾の他に、画像はないけど最後の最後に丸々とした青物が食ってきて、タモ入れの直前に痛恨のタコベイト脱落・・・(ギャフン
余りにも酷い結末だったが、青物にも充分対応できることが確認できたので、検証に付き合ってくれた青物に感謝したい。
( ゚Д゚)<江古江古阿座楽江古江古阿座楽


それにしても、エギングロッドはリアグリップが短すぎるので、大物とのファイトでは右腕が乳酸溜まりまくりのダルンダルンに・・・
当たり前というか仕方ないというか(´Д`)ハァ…


( ゚д゚)ハッ!
このロッドは塩ゲーロッドに生まれ変わるべくしてグリップがモゲたに違いない!(確信


すぐにもセパレートグリップ延長カスタムに手を付けたいけど、バラしたら当分使えなくなるだろうし、mebaru総統が折角キレイに補修してるので、めちゃめちゃグリップテープを剥がしたくて仕方な衝動を堪えて今シーズンはこのまま使ってみようと思う。
もうちょいしたらシーズンオフになるだろうし、春までジックリ取り組むのも悪くない。


ってことで、誰か方法教えてください(土下座




2014.11.01 Sat | タックルetc. | Trackback(-) | Comments(-)
一釣一善
めばるing
 めばるing
Favorite-MAKERs

 DAIWA
 BREADEN
 ufm
 Graphiteleader
 SMITH
 GoldenMean
 STANSS
 AquaWave
 DAIKO
 Seaguar
 Yamaga Blanks
 ZipBaits
 TACKLE HOUSE
 バス・海釣りならDRESS(ドレス)
 MEGATECH LIVRE
 Jackall
 ECOGEAR
Favorite SHOP

 POSEIDON
最新の記事
Categories
  • メバリング(173)
  • アジング(121)
  • エギング(52)
  • ショアジギetc.(16)
  • 鯛ラバ・塩ゲー(16)
  • タチジギ(7)
  • 青物etc.キャスティング(3)
  • タックルetc.(38)
  • その他(72)
  • リンク+(23)
  • 未分類(296)
  • 釣的進化論(17)
Access Analyzer
Mail Form

名前:
YOUR MAIL ADDRESS:
件名:
本文:

PROFILE

 HIRO

Author:HIRO
 【管理人HIROのスペック】
 広島県呉市在住
 ♂・1960年代式・射手座・A型
 Team ARROWS所属
 スキルレベル:
 (趣味)
 釣り/☆☆☆☆
 サッカー/☆☆☆☆
 PC/☆☆☆☆
 (食べ物)
 人参/☆☆☆☆☆
 キュウリ/☆☆☆☆☆
 レバー/☆☆☆☆☆
 お寿司/★★★★★
 (メンタリティ)
 怖い話/☆☆☆☆
 大和魂/★★★★★ ←ウソw


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。