Homeメバリング | アジング | エギング | ショアジギetc. | 鯛ラバ・塩ゲー | タチジギ | 青物etc.キャスティング | タックルetc. | その他 | リンク+ | 未分類 | 釣的進化論 
F-Evolution2 headline  ★ご挨拶★ いらっしゃいませ<(_ _)> 大好きな釣りをメインテーマにしたブログです。 釣りは楽しく!釣れなくてもそこにドラマがあれば!!をテーマに日々精進しております♪ どうぞヨロシクお願いします<(_ _)>
DATE: 2013/05/24(金)   CATEGORY: 未分類
F-Report 130506
「GW満喫シリーズ最終回 井之中蛙造の超近場決戦」
5/6(振休)
第四戦で遠征リミッターが解除された弐号艇で臨んだ第五戦。
それはGW占いの検証が示される時・・・いざッ!

第四戦で丸ホゲだったこと、そして翌日からの悪夢の通常運転へストレスなくシフトできるのか、非常にデリケートなだけに取扱注意な釣行であるべきだったにも関わらず、我らが選んだターゲットは危険極まりない「THE青物」(爆汗


意気揚々と東を目指した我々を待ち受けていたのは、kazuのノリノリ画像が物語るように地獄だった。


どこでどう待ち構えたら良いのか・・・
取り敢えず潮目に船を停めての鯛ラバからスタートしてみた。


▼そのファーストリフトでkazuがいきなり真鯛GETッ!
kazuが釣ったのを目の当たりにしたのは一体いつブリだっただろうか・・・
このパターンは・・・もらい泣きしながら悪寒が走る。


それが単なる気のせいだったらどれだけ良かったか・・・
現実のものとなるまでに大した時間は要しなかった。
この直後、潮がペターンと止まったかと思ったら西から風が吹きはじめ、やがてどこにも風裏がないくらいの暴風モードに(脱糞

▼ほとんど釣りが成立してない状態で驚異の粘りを見せたジュンさんが小型ながらも奇跡のアコウGETッ!


船長としては、このころから自分が釣るとか釣らないとか関係なくなってきていて、折角のGW最終日に弐号艇へオファーをくださったお二人に何とかドーン!としたサイズを釣ってもらいたいと考えるようになっていた。


さて・・・どうしたものか・・・


いろいろ考えを巡らせていると、見慣れたデザインの船がやってきた(ゴクリ

▼げっ!
海猿さんに悪いイメージは一切ないし、後ろめたい事は微塵もないが何か嫌(笑
よしよしよしよし、そのまま行っちゃってください・・・


▼で、何で振り向く(白目


フェイントをかまして東へ向かう海猿さんを見送ったところで一つの決心が固まった。


「このままココに居たら帰られなくなるかも知れんので、帰ります」と(爆汗


予報によると更に風が強くなるらしかった。
船長は常に乗員のことを考え、セーフティーファーストをチョイスせねばならない。


(何もこんな日にこんな遠くへ来なくても・・・・)
船が分解するんじゃなかろうかと思うくらい長い時間波に叩かれ、ようやく辿り着いた・・・


超ベタ凪エリアに♪(爆


我ながら往生際が悪いというか、策士というか、正に狙い的中~~~~ッ!


▼早速、kazuが新しく買ったシマノの何とかというキャスティングロッドにエソの魂を注入ッ!(爆


その後、満を持して本命のご登場ッ!

▼ジュンさんが幻じゃない幻の魚をGETッ!!!
しかも画像で見るより全然立派なアコウ!そうそうコレコレ!
ジュンさん・・・釣ってくれてありがとう(男泣


これを皮切りに全員安打・・・となるはずだったのに激渋・・・
バイトのバの字も感じられぬまま、気が付けば15時になろうとしていた。


翌日からは悪夢の通常運転が待っている(凹
一応、ジュンさんとkazuはお土産があるし、早めに帰港して明日に備えるべき、との提案に異論を唱える者がいるはずがなかった。


(フゥ・・・結局尻つぼみで終わったか・・・)


2連続丸ホゲで悲しくない訳はなかったが、同乗者が釣ってくれていたので、そんなにも凹んではいなかった。
決して強がりではない・・・(涙


いつしか風が落ち、快調に飛ばして残すところ港まで後5分という距離だったと思う。
ふと、3時の方向、距離にして300mくらいだっただろうか。
二羽のカモメが旋回しているのを見付けた。
目が中途半端に悪い自分にしてはモノ凄い珍しい出来事だった。


「ちょっと寄ってみて良い?」


面舵一杯~目標捕捉・・・ゑ"?



最後の最後、こんな超近場で出とるし(激汗
しかもなかなかのサイズっぽいしッ?!


まさかこんなドラマが待っていようなどと知るよしもなかったモンだから、乗員全員が既にタックルを片付けていたので大急ぎでセッティングしなおして・・・
・・・消えとるわ(爆凹


だが、チャンスは一度きりではないはず!
と、何の根拠もなく待ち続けていると、頭上で釣り神様が微笑んだ!


THEナブラ出まくり(鼻血

ダッシュで駆け付け、
ターゲットロックオンッ!!!
しかし、一箇所で何分もって感じじゃないのが辛いところ(疲
カモメ先生の舞うところ、青物あり!
今度は間に合った?!

神出鬼没のナブラにアプローチすることなど、カモメ先生が居なかったら到底無理だった。
巧い具合にプラグを通すと、一撃ッ!!!

各自キャストが忙しくてタモ助する暇がなく、最後はリーダーを持ってブッコ抜き(滝汗

▼そんな中、この二人はこんなに寄り添って何をしてるのか・・・
ホモダチではないと信じたい(迫真


しかし、あの広い海のド真ん中で、敏感にベイトの動きを察知し、駆け付けるその能力・・・
鳥はめっちゃ怖いから嫌いだけど・・・
カモメ先生は偉大だ。


そして、あれほど帰る気満々だったのに、ナブラが出まくると誰も帰ろうとは言わない。
人間とは欲深いものだ。


やがて、祭りは終わり、イケスが酸欠状態のハマチで溢れたところで、GW占いの


▼70cmちょい切る~75cm程度まで、こんなに釣れるとは(男泣


GW占い恐るべしッ!
一回落としといて、最後の最後にこんなドラマを持ってくるとは・・・
贅沢は言えないが、もうちょっと判りやすくてメンタルに優しい「絶好調」であって欲しかった(冷汗


そして時は流れ、もう三週間近く経とうとしているが一度も出漁できないでいる。



時は満たされた・・・
待ちに待った土曜日がやってくる。


カラオケが楽しみだなぁ(怪笑
スポンサーサイト


2013.05.24 Fri | 未分類 | Trackback(-) | Comments(-)
一釣一善
めばるing
 めばるing
Favorite-MAKERs

 DAIWA
 BREADEN
 ufm
 Graphiteleader
 SMITH
 GoldenMean
 STANSS
 AquaWave
 DAIKO
 Seaguar
 Yamaga Blanks
 ZipBaits
 TACKLE HOUSE
 バス・海釣りならDRESS(ドレス)
 MEGATECH LIVRE
 Jackall
 ECOGEAR
Favorite SHOP

 POSEIDON
最新の記事
Categories
  • メバリング(173)
  • アジング(121)
  • エギング(52)
  • ショアジギetc.(16)
  • 鯛ラバ・塩ゲー(16)
  • タチジギ(7)
  • 青物etc.キャスティング(3)
  • タックルetc.(38)
  • その他(72)
  • リンク+(23)
  • 未分類(296)
  • 釣的進化論(17)
Access Analyzer
Mail Form

名前:
YOUR MAIL ADDRESS:
件名:
本文:

PROFILE

 HIRO

Author:HIRO
 【管理人HIROのスペック】
 広島県呉市在住
 ♂・1960年代式・射手座・A型
 Team ARROWS所属
 スキルレベル:
 (趣味)
 釣り/☆☆☆☆
 サッカー/☆☆☆☆
 PC/☆☆☆☆
 (食べ物)
 人参/☆☆☆☆☆
 キュウリ/☆☆☆☆☆
 レバー/☆☆☆☆☆
 お寿司/★★★★★
 (メンタリティ)
 怖い話/☆☆☆☆
 大和魂/★★★★★ ←ウソw